除菌型洗浄剤「KH-21」新型コロナウイルスの有効性について

新世代洗浄剤 KH-21

除菌型洗浄剤「KH-21」新型コロナウイルスの有効性について

経産省が新型コロナウイルスに有効な界面活性剤の種類を公表しました。

KH-21には、本文中表記のポリオキシエチレンアルキルエーテルの成分が含まれています。

  • 経済産業省の該当ページを記載しますのでご参照ください。
新型コロナウイルスに有効な界面活性剤を公表します(第二弾) (METI/経済産業省)
(独)製品評価技術基盤機構で行っている消毒方法の有効性評価について、第4回検討委員会が開催され、新たに2種類の界面活性剤が、新型コロナウイルスに対して有効と判断されました。
  • 以下抜粋

新型コロナウイルスに有効な界面活性剤を公表します(第二弾)

2020年5月29日

同時発表:(独)製品評価技術基盤機構

202069日発表資料差し替え】「関連資料」のうち、「「次亜塩素酸水」等の販売実態について(ファクトシート)」及び「「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(ファクトシート)」を差し替えました。
【2020年6月5日発表資料差し替え】「関連資料」のうち、「②「次亜塩素酸水」等の販売実態について(ファクトシート)」を差し替えました。
【2020年6月2日発表資料差し替え】「よくあるお問い合わせ」を追記しました。
(独)製品評価技術基盤機構で行っている消毒方法の有効性評価について、第4回検討委員会が開催され、新たに2種類の界面活性剤が、新型コロナウイルスに対して有効と判断されました。

 

本件概要

新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、経済産業省の要請に応じ、消毒方法の有効性評価を実施しています。(4月15日ニュースリリース)

昨日5月28日、有識者による検討委員会(第4回)が開催され、塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)、塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)について、新型コロナウイルスに対して有効と判断されました。

これにより、有効と判断された界面活性剤は次の7種となりました。

  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
  • アルキルグリコシド(0.1%以上)
  • アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
  • 塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
  • 塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)【5月28日追加】
  • 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)【5月28日追加】
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

最新の情報や政府見解は、新しいニュースリリースや各省ホームページ(厚生労働省外部リンク消費者庁外部リンク)を参照ください。

経済産業省 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)
ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょう(PDF)

タイトルとURLをコピーしました